むだ毛を薄くする処理方法

むだ毛を薄くする処理方法とお手入れのコツについて。

むだ毛を薄くする処理方法には、むだ毛処理用のカミソリで剃ったり、脱毛クリームや脱毛ワックスを利用するなどといったように自分でお手入れする方法から、エステや脱毛サロンなどで本格的に処理してもらうといったように、具体的にいろいろとムダ毛対策があります。

それぞれのむだ毛処理方法でメリットもあれば、その反面で欠点となる要素も含んでいます。

むだ毛処理用のカミソリで剃る

むだ毛の処理方法むだ毛を薄くする処理方法として、自分でできる最も身近で手軽な方法が【むだ毛処理用のカミソリ】を使用したお手入れです。カミソリでお手入れする前には必ずシャワーを浴びるなどして清潔にしておくと同時に、むだ毛に水分を含ませておくと柔らかくなり、処理する際にカットしやすくなります。

シェービングジェルの代わりにボディソープなどを使用される人も居ますが、肌荒れなどを防止するためにもやはりシェービング専用のジェルやクリームを使用しましょう。

むだ毛をカミソリやシェーバーなどで剃る場合に注意点

むだ毛をカミソリやシェーバーなどで剃る場合に注意するポイントして、清潔な新しい刃を使用して毛の流れに沿って剃り、決して逆剃りしないということが大切です。逆剃りしてしまうと肌の毛穴を傷つけやすく、古い不衛生な刃などを使用することで毛穴に細菌が入ると、毛膿炎や毛包炎といった肌トラブルを引き起こす可能性がありますので要注意です。

人気のむだ毛処理方法

むだ毛を薄くする方法の中で、ここ最近利用している人が増加しているのが、【脱毛クリーム】や【脱毛ワックス】といったお手入れ方法です。

脱毛クリームと脱毛ワックス

脱毛クリームと脱毛ワックスの違いが分からないという人のために簡単に説明すると、脱毛クリームは、肌の表面に生えているムダ毛を化学成分配合のクリームで溶かすことで除毛するといった方法のお手入れです。

一方、脱毛ワックスは、温めたワックスをムダ毛が気になる箇所に塗った後、それが固まってから剥がすことで脱毛処理するといったお手入れ方法です。

レーザー脱毛での永久脱毛

レーザー脱毛とは、レーザーの照射によって毛包部分の組織破壊を行い、発毛が起こらないようにする治療方法です。レーザー脱毛は、電気針脱毛と比較して短時間で処理が可能な上、感染などの心配もない反面、適応部位や体毛の種類に制限がありますし、処置の仕方によっては、やけどや色素沈着のようなトラブルが起こり得る可能性もあります。

レーザー脱毛は病院やクリニックを選ぶ

レーザーによる永久脱毛は、その効果が高い反面、専門的な医療的知識を必要とする施術であり、そのことからも皮膚科や形成外科の専門医が行っている病院やクリニックを選ぶことが最も重要な要素です。

むだ毛処理での注意点

むだ毛を薄くするむだ毛を薄くするため自分で処理する場合には、どんなお手入れ方法で行うにしても必ず事前に処理する部分の肌を清潔にしておき、毛穴から雑菌が入らないように注意しましょう。

また、むだ毛処理をした直後は肌がひじょうに敏感になっており、外部からのチョットした刺激に対しても炎症などを引き起こす可能性もあるので、肌が落ち着くように処理後のケアを十分にしましょう。

ニュース・トピックス

【アンチエイジングの大敵物質「AGE」】
近年何かと見たり聞いたりする「アンチエイジング」は加齢に伴う老化を防ぐための対策ですが、健康面や美容面においていつまでも若くありたいと願うことは、誰しも多かれ少なかれ感じているのではないでしょうか。

そのアンチエイジングに関連して「AGE」という体内物質が注目され話題になっており、このAGEが体内で増えることにより老化が進行するということがわかってきたとのこと。

AGEはタンパク質と糖が結合してできる「最終糖化物質」というもので、このAGEが体内組織のあらゆる箇所で蓄積するとさまざまな老化現象の原因になるそうです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋