若年性更年期障害の症状チェック

若年性更年期障害の症状についてのチェック項目と予防や治療について。

若年性更年期障害の症状としては、生理が不順になったり、手足の冷え、ほてり、頭痛、耳鳴り、イライラ感、うつ症状などといったように、閉経前後に起きやすい一般的な更年期障害の症状と何ら変わりはなく、ほぼ同じような症状が若年性更年期障害でも見受けられます。

20代、30代の若い女性の方で、このように更年期障害と似たような症状を自覚している場合であれば、生活習慣などの見直しで改善されるケースもありますが、やはり婦人科などの病院で診察をするようにし、専門医の診断ならびにアドバイスを受けるようにすることをお勧めします。

若年性更年期障害とは

若年性更年期障害の症状若年性更年期障害というのは名前の通り、一般的に更年期と呼ばれる閉経前後の年齢にあたる女性ではなく、20代、30代といった若い年代の女性が、一見更年期障害と同じような症状を発症するといった病気です。若年性更年期障害であるとは気付かない場合や、何かしらの自覚症状は感じていても、病院などで診断を受けず放置しておくと、月経が止まる、不妊症になりやすいなど、様々な弊害を引き起こす可能性も十分ありえるので、早めに治療を受けることが肝心です。

若年性更年期障害が起きる原因

若年性更年期障害が起きる原因として考えられているのが【ホルモンバランスが崩れ】であり、女性ホルモンのバランスが乱れることによって、自律神経の働きにも乱れが起きだして、更年期と同じような症状が現れるといわれています。女性ホルモンの分泌には脳の働きと密接に関係しているので、ストレスの溜まり過ぎや、不規則な生活による影響などでも、ホルモンバランスが崩れやすくなります。

若年性更年期障害チェック

若年性更年期障害の一般的な諸症状から、自分に該当する項目があるかをチェックしてみて、確実に自覚している項目が半分以上ある場合であれば、一度婦人科などの病院で診断してもらった方が良いと思われます。必ずしも若年性更年期障害であるとは限りませんが、万が一のことも考えられますし、全く違う病気を原因として生じている症状である可能性もありますので、やはり専門医に診察してもらうことが重要です。

若年性更年期障害の症状

・月経不順が続く
・寝つきが悪く、眠りが浅い日が多い
・腰や手足が冷えやすい
・動悸・息切れを生じることが多い
・些細なことでもイライラして、怒りやすい
・顔が火照ることが頻繁にある
・汗をかきやすくなった
・頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気などを生じることが多い
・肩こり、腰痛、手足の痺れや痛みがある
・身体がだるいことが多く、疲れやすい

20代、30代といった若い年代での発症

若年性更年期障害の患者となりえる対象は20代、30代といった比較的若い年代であり、この年齢層の人は仕事やプライベートでの遊びでも、まだまだ無理をしがちですし、あらゆる面でストレスも溜め込みやすい生活習慣になっている人も多いので、そういった肉体的・精神的な過度の負担も影響していると思われます。

若年性更年期障害の予防と治療

若年性更年期障害チェック若年性更年期障害を改善する際や予防する上でも基本となるのは、十分な睡眠時間を取るといったことや、ストレスを過剰に溜め込まないといったように、精神的・肉体的にも頑張り過ぎずにリラックスさせてあげることから始めることです。

ただし、急に乱れた生活習慣を改善しようとすると、かえって過剰なストレスを感じることとなりますので注意も必要です。

ニュース・トピックス

【メタボ対策商品が大人気】
2008年4月から始まった特定健診(いわゆるメタボ健診)の影響からか、日頃から肥満気味の人を中心としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が集まっており、メタボ対策商品の市場が急成長している模様。

特に、薬局やドラッグストアなどで買える肥満防止剤、いわゆる「やせ薬」が注目を浴びており、大幅に売上が伸びているとのこと。ちなみに肥満防止剤として特に人気が高いのが、【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】という漢方薬を含んでいる小林製薬の「ナイシトール85」やクラシエ薬品の「コッコアポ」だそうです。

Yahoo!ニュースより