エコノミークラス症候群の症状と治療法

エコノミークラス症候群の症状としてよくみられる状態と、発症する原因および対策・治療法について。

エコノミークラス症候群の症状として、比較的軽い場合であれば【足のむくみや痛み】といったことで済むケースが多いですが、重症の場合には足にできた血の塊が肺に詰まり【呼吸困難になったり】、【胸が痛む】、【血圧低下】といった症状を引き起こすケースがあります。

また【失神】したり、最悪の場合【死亡】に至るケースもあるひじょうに危険な病気です。エコノミークラス症候群の症状が実際にでるのは、個人差によって異なるものの、【フライト中の機内】で生じる場合から【フライト後、一週間以内】というのが一般的だそうです。

エコノミークラス症候群になる原因

エコノミークラス症候群エコノミークラス症候群は、長時間身動きがとりづらい状況において同じ姿勢を続けることにより、膝の裏にある静脈の血行が悪くなり、静脈の中に血の塊(静脈血栓)ができてしまい、その血栓が血液の流れに乗って肺まで行き着き、それが原因となって危険な症状を引き起こす病気です。

また、飛行機の中は空気が乾燥しがちであり、こまめに水分を補給しないことも血液がドロドロになり、静脈で血の塊が生じやすくなる原因となります。

ビジネスクラスやファーストクラスでも起こりえる病気

エコノミークラス症候群という病気は、その名前の由来からして窮屈な姿勢を強いられるエコノミークラスのみで発症しやすいと思われている人も多いかもしれませんが、実際にはビジネスクラスやファーストクラスでも起こっており、あくまでも座席の狭さだけに原因があるわけではなく、ほとんど座席から立ち上がらず身体を動かないといったことや、水分補給が十分になされていないといったことも、エコノミー症候群の発症原因と考えられます。

エコノミークラス症候群の治療法

エコノミークラス症候群の治療法としては、肺動脈に詰まった血栓を取り除いて肺の血液の流れを回復させることが目的となりますので、それに応じた治療方法が実施されます。具体的な治療法として、症状が比較的軽症である場合には、血栓がこれ以上できないようにする薬を服用し経過をみていく【抗凝固療法】といった治療方法が行われます。血栓が広範囲に及んでいる患者さんの場合であれば、詰まった血栓を溶かす作用の持った薬を投与する【血栓溶解療法】が実施されるようです。

症状が重症である場合は危険

エコノミークラス症候群の患者さんで症状が生命の危機に瀕している時などひじょうに深刻な場合には、薬などで血栓を除去する方法はとらずに、血管内カテーテルを用いて薬剤を注入したり、直接的に血栓を摘出する【血管内治療法】や【手術療法】が行われます。

エコノミークラス症候群の対策・予防法

エコノミークラス症候群の対策・予防法エコノミークラス症候群の対策や予防法としては、何より【同じ姿勢を保ち続けない】ということと【水分補給を適度に行う】ということが重要です。

数時間に一度はトイレの場所まで歩いたり、座席から立ち上がるなどをして、水分もこまめに摂取したりすることが予防をするうえで大切です。トイレに行く際に隣の乗客にその都度気を使うからといって、水分補給を控えたりするといった方も居られますが、そういった人は発症リスクが高まりますので注意が必要です。

ニュース・トピックス

【睡眠時間と健康の関係】
眠れない・眠った気がしない・日中に眠くなるなどの睡眠障害に悩まされている人が増加しており、日本では成人の5人に1人以上の割合で不眠症もしくはその疑いがあると言われています。

睡眠というものは基本的に身体と脳の休息のために大切な時間であり健康を保つためには必要不可欠なもので、当然と言えば当然かもしれませんが、睡眠不足をはじめ慢性的な睡眠障害にある人は、いろいろと病気を引き起こす危険性も高くなるようです。

例えば睡眠障害によって、うつ病や2型糖尿病といった病気を発症するリスクが増加したり、肥満になりやすいといった統計も発表されています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋