皮下脂肪の落とし方

皮下脂肪の落とし方としての基本となることについて。

皮下脂肪の落とし方としての基本となるのは、【摂取カロリーを抑えて、運動で消費する】という、ダイエットでは当たり前である方法がやはり王道となってきます。

運動などは避けて食事制限のみで皮下脂肪を落したいといった人も居られるようですが、内臓脂肪と比較して減少しにくいとされる皮下脂肪は、運動することにより筋肉を増やすことで、身体の基礎代謝を高めなければ、効率的に肪燃してくれません。このような理由から、皮下脂肪の落とし方としては、食品から摂るカロリーを低くするだけでなく、運動によって基礎代謝量をアップしてあげることが不可欠なようです。

お腹・下腹の皮下脂肪の減らし方

皮下脂肪お腹の横や下腹といった腹部に目立つ皮下脂肪で悩まれている人も多いと思いますが、このお腹まわりの皮下脂肪といったものは取ることが困難な典型的な体脂肪といえます。腹筋運動などを積極的にしているつもりでも、なかなか効果が現れないといったケースがあるようですが、この原因は運動の内容にあります。

皮下脂肪を減らす有酸素運動

お腹・下腹の皮下脂肪の減らし方としては、腹筋運動などの筋トレよりも、ウォーキング・ジョギング・サイクリング・水泳などといった【有酸素運動】を習慣的にしっかり行なう必要があります。腹筋運動をする場合でも、一般的なやり方ではなく、呼吸をしながら1回1回ゆっくりと行ったり、酸素を取り入れながらスローペースでウエストをひねるようなストレッチ体操的なつもりで行った方が効果的です。

腹筋運動は皮下脂肪の落とし方としては無意味?

ダイエットや減量に励んでおられる方ならご存知かもしれませんが、運動の種類でも脂肪燃焼に効果があるとされているのは【有酸素運動】です。しかしながら、腹筋運動というのは筋力トレーニングであり、いわゆる【無酸素運動】の分類になります。無酸素運動がダイエットや減量に全く無意味であるとは言えませんが、皮下脂肪を減らす方法としては効果的とは言えないようです。

有酸素運動と筋トレの併用が理想的

既に溜まってしまったお腹・下腹の皮下脂肪の落とし方として、腹筋運動は効果的ではないのですが、筋肉を増加させることで基礎代謝が上がり脂肪が燃焼しやすくなり、その結果として皮下脂肪が付きにくい身体になります。理想としては、有酸素運動と筋トレを併用して実践することです。

皮下脂肪を減らす漢方薬

最近は皮下脂肪を減らすといった効能が期待できるとした漢方薬が、ドラッグストアなどでいろいろと販売されていて、肥満気味の人やダイエットに苦労している人の間で話題にのぼっています。これらの製品のほとんどは【防風通聖散】という漢方薬が成分になっています。

防風通聖散の効能

防風通聖散防風通聖散の効能としては、溜まった老廃物の排泄促進作用、脂肪を分解・燃焼する働きをする生薬が成分として配合されていることから、

おなか周りの脂肪など肥満症の改善の他に、便秘の改善や高血圧にともなう諸症状に対して効果が期待できるとされているようです。

ニュース・トピックス

【日本人の死因第3位である脳卒中】
脳卒中という病気はガンと同様に日頃から良く耳にする病気ですが、それもそのはずで日本人の死因の第3位となっており、年間に約12万8000人が死亡している危険な病気です。

最近のニュースでは、日本脳卒中協会とファイザーが実施した「脳卒中リスク無料検査」を受けた人の半数が、脳卒中を引き起こす可能性がある高血圧に該当しており、更に「血管年齢測定」でも、約半数の人が実年齢以上の値を示し、動脈硬化が進行している可能性が示唆されていたと発表されていました。

Yahoo!ニュースより参照抜粋