歯茎のできもの・膿・炎症関連の病気

歯茎のできもの・膿・炎症関連の病気について。

歯茎に【できもの】ができていたり、そのできものに膿が生じて周辺が腫れて炎症している場合、歯根の病気や歯周病などといったことを原因とする疾患であることが疑われます。

できものの可能性として高いのは【フィステル】や【婁孔(ろうこう)】と呼ばれるもので、フィステルは歯周組織に溜まった膿が歯茎の表面から流れ出る穴のことなのですが、見た目には穴というより化膿したニキビのような【できもの】といった形状をしていることが多いです。

歯茎に【できもの】ができる原因

歯茎のできものの原因歯茎の【できもの】として多くみられる症状であるフィステルは、歯の神経が死んでしまうことにより歯根の周辺に膿が溜まってしまい、その膿を体外へ出すための身体の反応作用として、歯茎に排出孔を生じさせるために発生します。この排出孔が見た目には白い膿みを持った【できもの】のように見えるのです。虫歯の治療をしたことがある歯や、クラウンなどの被せ物などの処置をしている周辺の歯茎で、【できもの】が生じている場合であれば、フィステルの可能性が高いと思われます。

治療する必要があるかは病院で診断を

歯茎の【できもの】がフィステルであった場合、歯茎が急激に腫れるといったことや、激しい痛みを伴うといったことはほとんどないようですので心配する必要はありませんが、【できもの】や【歯茎にできる口内炎】の原因が確実にフィステルであるかといったことや、治療する必要があるのかどうかの判断は、歯科医院で診断してもらう必要がありますので、一度病院で受診することが大切です。また、歯茎の炎症がひどいときや、我慢できないぐらい痛いといった症状がある場合には、早急に診断・処置してもらうことが重要です。

歯茎の炎症と歯周病

歯茎に炎症が起きている場合には、【歯周病】である可能性が高いです。何らかの歯周病を患っている人はひじょうに多く、日本人の成人では約8割の人が歯周病になっているといわれています。歯周病の初期段階である【歯肉炎】では、歯茎のみに炎症を起こしており、歯茎が赤く腫れてきたり、歯磨きの際などに出血したりする場合もあります。 歯肉炎を治療せずに放置したままにしておくと、やがては【歯周炎】へと進行していきます。

歯周炎の症状

歯周炎の症状歯肉炎が悪化して歯周炎まで進行していくと、歯茎の炎症だけに留まらず、 【歯槽骨(しそうこつ)】や【歯根膜(しこんまく)】といった歯周組織の深部にまで影響を及ばせるようになり、歯周ポケットが出来てそこから膿みが排出され、出血もしやすくなります。

歯周病は治療せずに症状が進行して悪化していくと、やがては歯がぐらつきだして最終的には歯が抜け落ちてしまいます。成人が歯を失う最大の原因となっているのが歯周病だといわれています。

ニュース・トピックス

【睡眠時間と健康の関係】
眠れない・眠った気がしない・日中に眠くなるなどの睡眠障害に悩まされている人が増加しており、日本では成人の5人に1人以上の割合で不眠症もしくはその疑いがあると言われています。

睡眠というものは基本的に身体と脳の休息のために大切な時間であり健康を保つためには必要不可欠なもので、当然と言えば当然かもしれませんが、睡眠不足をはじめ慢性的な睡眠障害にある人は、いろいろと病気を引き起こす危険性も高くなるようです。

例えば睡眠障害によって、うつ病や2型糖尿病といった病気を発症するリスクが増加したり、肥満になりやすいといった統計も発表されています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋