ひじ・ひざの黒ずみ解消法

ひじ・ひざの黒ずみの解消法および、黒ずみの原因と予防対策について。

ひじ・ひざの黒ずみが気になっている女性にとっては、何とか効果的な解消法がないものかと悩まれる人も多いことと思いますし、特にもともと肌が色白の女性であれば尚のことと感じます。

ひじ・ひざの黒ずみ解消法としては、黒ずみの根本的な原因となっている色素沈着を生じた皮膚の角質を取り去ることが一般的な改善策として効果的とされています。また予防策として、日常生活においてできるだけ膝や肘の皮膚を圧迫したり、摩擦するなどといった刺激を与えないように意識することが大切です。

膝、肘の黒ずみができる原因

ひじ・ひざの黒ずみ膝、肘の黒ずみができる原因としては、古くなった角質が蓄積されて厚くなっていくことや、それに伴い皮膚の角質層が固くなることで黒ずんでいくケースが多いようです。

また、肘や膝などといった部分は、何らかの動作をする際に擦れたり当たったりなど、刺激(摩擦や圧迫)されることも多く、そういったことが慢性的に繰り返されていることでも徐々に黒ずみが生じていくこととなるようです。

生活習慣で黒ずんでいくケース

生活習慣の中で肘や膝などの皮膚に摩擦や圧迫といった刺激を与える頻度というのは人によって違いますし、同じ刺激を受けたとしても肌質をはじめとする体質によって違いがあると思いますが、日常的に机やテーブルなどに自然と肘をついている機会が多いといったことや、立て膝を頻繁にするなど床に膝を繰り返し擦りつけていることが多い場合には、やはり黒ずんでいくケースが考えられます。

厚く硬くなった角質を除去して黒ずみ解消

ひじ・ひざの黒ずみを解消するには最初に述べたように、蓄積されて厚く硬くなった状態である角質を取り除いてあげることが基本となります。角質は柔らかくすると剥がれやすくなるので、入浴の際に皮膚が柔らかくなってから膝や肘の部分を丁寧かつ念入りに洗い、入浴後はしっかりと保湿クリームを塗ってケアしてあげると効果的です。

ひじ・ひざの角質

ひじ・ひざの角質が厚く硬くなっているからといって、足の踵の角質を除去するように軽石などで擦ったり、粒子の粗いスクラブタイプのクレンジング剤を使用して、毎日ゴシゴシ無理やり削り取ったりして強い刺激を与えるのは逆効果となり、より一層ひじ・ひざの黒ずみを悪化させる場合も十分ありえますので注意する必要があります。

尿素入りクリーム

黒ずみ解消ケアひじ・ひざの黒ずみ解消ケアとして、厚く硬くなった皮膚の角質をやわらかくする【尿素入りクリーム】がひじょうに効果的といわれています。

尿素入りクリームの成分として含まれる【尿素】には、肌の乾燥を防ぐ保湿効果と皮膚表面で厚くなった余分な角質を取り除く働きがあるとされており、その結果として肌をしっとり・つるつるにする効能があるようです。寝る前に尿素入りクリームを黒ずみが気になる膝や肘の部分に塗って、更にラップなどで包んでおくと効果的だそうです。

ニュース・トピックス

【がんペプチドワクチン療法】
ガンに対して行われている標準的な治療としては、外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(抗がん剤)が「3大治療法」として認知されていますが、近年ガンに対する新たな治療法として免疫細胞療法の「がんワクチン療法」が第4の治療法として期待が集まるとともに何かと注目されています。

がんワクチン療法とは簡単に説明すると、ある特定のワクチンを投与することにより、ガン患者さんの免疫力を高めてガン細胞を退治する治療法なのですが、ガン細胞が持つ特有のペプチドをワクチンとして使用することから「がんペプチドワクチン療法」と呼ばれています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋