肝臓に良い食べ物・食材

肝臓に良いといわれている食べ物・食材などについての紹介。

肝臓に良い食べ物・食材としては【ウコン】が有名ですが、それ以外にも【ゴマ】や豚肉・鶏肉・牛肉の【レバー】なども肝細胞を活性化してくれ肝臓を丈夫にする食品として最適であるといわれています。

また、食物繊維には脂質や糖質の吸収を抑制して、肝臓に脂肪を貯めすぎないようにするといった働きもあることから、食物繊維を豊富に含んでいる【野菜や海藻類】を積極的に摂取することで、脂肪肝の予防に繋がるとされています。

肝臓の働きを高めるタウリン

肝臓に良い食べ物・食材肝臓に良い食べ物・食材には先に述べたような食品などが挙げられますが、その他にも魚介類、特に牡蠣などの【貝類】や【イカ】【タコ】などに多く含まれているタウリンという成分にも、肝機能を高める効果があるといわれています。

タウリンには身体を正常な状態に戻そうとする働きがあり、具体的には血圧やコレステロールを低下させたりする作用などがあるのですが、なかでも肝細胞の再生をはかり肝臓の働きを高めるといった効果が大いに期待できると言われています。

タウリンがアルコールの分解を早めて肝臓への負担を軽減

アルコールの過剰摂取は肝炎をはじめ、肝臓の機能低下を招く大きな要因となっていることはよく知られていますが、タウリンには酵素の働きを助ける働きもあることから、アルコールの分解を早めて肝臓への負担を軽減する作用があることも分かっています。しかし、だからといってお酒の飲み過ぎを習慣化するのは禁物です。

ウコンのクルクミンが肝臓機能を向上

ウコン(ターメリック)が肝臓に良い食品であることはよく知られていますが、それはウコンに含まれている【クルクミン】という成分の効能によるところです。クルクミンには胆汁の分泌を促進する作用があり、肝臓の細胞が活発に働くことで肝機能が高まるといわれています。また、お酒を飲んだ際にアルコールは体内でアセトアルデヒトという有害物質が発生するのですが、クルクミンがこのアセトアルデヒトの分解を促進してくれるとことがわかっています。

ゴマリグナンが肝臓の働きを維持・向上

ゴマに含まれている【ゴマリグナン】という成分は優れた抗酸化作用があり、体内で細胞を錆付かせる活性酸素を減らす働きがあることから、肝機能を改善する効果がひじょうに高いといわれています。

ゴマリグナンの効能

肝臓という臓器は体内でも活性酸素が発生しやすい部分でもあり、そのため肝細胞がダメージを受けてしまいがちとなるのですが、強力な抗酸化作用を持つゴマリグナンを摂取することにより、増え過ぎる活性酸素を抑制し、肝臓の働きを維持するだけでなく向上させてくれる効果が期待できます。ちなみに、ゴマリグナンの主成分となっているのが、健康食品でも有名な【セサミン】です。

肝機能を助ける食べ物・食材

肝機能を助ける食べ物・食材肝機能を助ける食品には、これまで述べてきた食べ物や食材以外にもいろいろとあるようで、食物繊維だけでなくビタミンやミネラルを豊富にバランスよく含んでいるワカメや昆布といった海藻類などには、肝臓の代謝機能を助ける作用があります。

また、ミカンに含まれるカロテノイドの一種【β-クリプトキサンチン】が、アルコール性肝障害の予防に効果的であるといった研究結果の発表もされており、初期段階での肝臓機能低下に対して有効である可能性があると考えられているようです。

ニュース・トピックス

【日本人の平均寿命】
世界一の長寿国として知られる日本ですが、厚生労働省が公表した平成21年の日本人の平均寿命は男女ともに4年連続で過去最高を更新し、男性が79.59歳で、女性は86.44歳であった模様。

ちなみに、25年連続で世界一になっている日本人女性は、65歳まで生存する確率が93.6%にものぼり、90歳まで生存する確率でも46.4%となっており、日本人女性のおよそ二人に一人は90歳以上まで生きることができるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋