動体視力の鍛え方

動体視力鍛え方やトレーニング方法について。

動体視力の鍛え方としては、専門的なトレーニング方法から個人レベルでも実践可能な鍛え方までいろいろとありますし、最近はニンテンドーの人気ゲーム機であるDSでも【DS眼力トレーニング】というソフトが販売されており、ゲームを楽しみつつ【動体視力・瞬間視・眼球運動・周辺視野・眼と手の協応動作】が鍛えることができます。

また、インターネットの視力関連のサイトでも、動体視力の訓練や測定テストなどを無料のFlashゲームなどで体験することが可能なコンテンツを公開しているサイトがあるので、チェックがてらに試してみると面白いと思います。

動体視力を鍛える方法

動体視力の鍛え方動体視力を鍛える方法として、毎日の生活の中で手軽に出来るトレーニングとしてはいろいろあります。具体的には通勤や通学などで電車を利用している人であれば、対抗列車の窓の数を数えるとか、走っている車のナンバーを次々に見て覚えるなど、日常の中で少し工夫すれば実践可能です。ちなみにイチロー選手は中学生の頃、動体視力を鍛えるために走る車のナンバーを見て、なおかつナンバーの数を足していくといったことをしていたそうです。

家の中でもできる動体視力の鍛え方としては、速読を習得するという方法もあります。速読が上達することでスムーズな視点移動ができるようになり、視点移動の加速につながることで動体視力の強化にもなるというわけです。速読を習得するには、訓練するやり方や上達するコツに関するノウハウ本などが豊富に市販されているので、参考にされてみてはいかがでしょうか?

動体視力の向上と反射神経

動体視力を訓練して向上するとそれに応じて、さまざまな場面で反射神経がよくなった事が実感できるのですが、これは動体視力や周辺視野、瞬間視といった視力機能の向上により、それに伴って反射神経や瞬発力が良くなったということです。人間は外部からの情報の約8割を目から取り込んで、脳で処理しているとされており、視界から得られた情報をもとに状況を判断して行動してるので、視力機能が向上することで反射神経や瞬発力も高くなるわけです。

動体視力を訓練する利点

動体視力を強化する利点としては、反射神経や瞬発力といった動作もスピードアップすることに繋がり、日常生活の中でも何かのアクションに対して素早く判断し、かつ正確に反応する能力が養われます。スポーツをしていてもなかなか上達せず伸び悩んでいる人や、自動車の運転が下手でもう一つ自信が持てない人などは、動体視力を訓練することで現状より能力が向上する可能性がありますよ。

動体視力が優れているスポーツ選手

動体視力や反射神経が優れているといわれるプロスポーツ界のアスリート達は、動体視力を鍛える方法としてもちろん専門的なトレーニングもしているわけですが、普段の練習の中で常に速いものを見つづけている習慣が多いことで、自然と動体視力が訓練され鍛えられていることになっているのです。

イチローの動体視力

多くのスポーツの世界では、野球であれ、サッカーであれ、F1などのモータースポーツでも、優秀な選手ほど動体視力をはじめとする見る能力がひじょうに優れているといわれます。例えば、メジャーリーグで大活躍をし数々の功績を残しているイチロー選手も例外でなく、日本にいたオリックス時代、動体視力や瞬間視能力などを計測チェックする視覚検査をしたところ、人並みはずれた結果を出したそうです。

動体視力を鍛えるフリーソフトやゲーム

動体視力のトレーニング方法動体視力を鍛えるフリーソフトやゲームといったものをネットで体感できるサイトを幾つか紹介しておきます。モニター画面を見続けることは視力低下に繋がる恐れもありますので、限界を超えるような無理をしない程度にテストしてみてはいかがでしょうか。

動体視力テスト(シード)
動体視力のテストができる数種類のゲームの他、目の錯覚を体感できるっコンテンツなどもあり、かなり楽しめます。
動体視力ゲーム(ロートくらぶ)
動体視力ゲーム以外にも、瞬間記憶力を診断できるゲームや「目押し型」のスロットゲームなんかもあります。

ニュース・トピックス

【2型糖尿病の新薬インクレチン】
日本では国民病とも言われる糖尿病全体のおよそ9割以上を占めるとされる2型糖尿病ですが、その2型糖尿病の患者さんを対象とした「インクレチン関連薬」という新薬が2009年末に承認され、それ以降も2010年には新たな「インクレチン関連薬」が次々と登場して話題になっています。

この新薬の注目すべき点は、これまでの糖尿病治療薬とは異なる作用機序を有しており、低血糖を起こしにくい、体重増加が起こらないなどのメリットが挙げられることにあるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋