二日酔いの対処法

二日酔いに有効な対処法・解消法と、効果的な食べ物・飲み物について。

二日酔いの対処法として一般的によく言われているのが、【水分をたっぷり摂取することにより、体内のアルコール濃度を薄めて、なおかつ汗や尿からアルコールを体外に排出させる】といった方法で、これが最も単純で理にかなった解消法と言えそうです。

その他の二日酔い対策としては、【お味噌汁を飲む】【トマトジュースを飲む】などが効くといったことや、症状がひどい場合であれば【病院で点滴を受ける】のがとても効果的であるとも言われています。もちろん胃腸などの調子が悪い場合であれば、二日酔いに効く【胃腸薬】を服用するのが良いです。

二日酔いの解消法

二日酔い解消法二日酔い解消法としては一番最初に述べたように、体内に残っているアルコールを分解し、カラダの外へ排出させることが基本的な対策となります。

体内でのアルコールの分解を早めるためには、肝臓の働きを助けるアミノ酸をはじめ、ビタミンやミネラルを補うことが大切なので、食事をする気がしないといった感じでも、出来るだけしっかり食べることや、果汁100%のジュースなどを飲むことで、その後の症状回復が向上します。また、お茶には利尿作用があるので積極的に飲むようにすると効果的です。

迎え酒は効果無し!

二日酔いの症状を改善させるのに【迎え酒】が効果的であると俗説として言われたりしていますが、実際のところは再び飲酒することで血中アルコール濃度が上がるので一時的に感覚を麻痺させているだけです。迎え酒をすることで、血中に二日酔いの原因となる【アセトアルデヒド】が再び増加し始めてしまい、結果的に二日酔いの症状を長引かせることになります。

二日酔いに効く食べ物・飲み物

二日酔いに効く食べ物・飲み物としては、頭痛や胃もたれなどといった症状の違いによって変わってくるようですが、【しじみの味噌汁】【大根おろし】【梅干し】【柿】【日本茶】【コーヒー】【スポーツドリンク】など、イロイロとあるようです。【しじみの味噌汁】には、アミノ酸やビタミンが豊富に含まれており肝機能を高めてくれますし、【大根おろし】の場合は、ジアスターゼという消化酵素やビタミンCが含まれており、肝臓や胃腸の働きを助けてくれます。

頭痛予防にハチミツ

二日酔いの頭痛に対しては、お酒を飲む前あるいは飲んだ後に【はちみつ】を摂ることが、頭痛予防に優れた効果を発揮すると言われています。これはアメリカの「全米頭痛財団」が公表しているもので、研究報告の内容によると、「ハチミツには希少な果糖の一種が含まれており、その果糖にアルコールの分解を促進する作用があり、頭痛を軽減させる」と科学的検証のもと述べています。

二日酔いの予防策

二日酔いの予防策二日酔いをしてしまった場合の対処法は、これまでに述べてきたようなことなどがありますが、できることなら二日酔いになってしまわないようなお酒の飲み方を心得ておく方が、一番の二日酔い対策と言えそうです。

二日酔いの予防策として幾つかお酒の飲み方の工夫を挙げると、【空腹状態で飲まない】【良質なタンパク質を含む食品を食べる】【速いペースで飲まずに、ゆったりとしたペースを守って飲む】【水やお茶などで水分補給を十分にする】などが考えられますが、自分の適量を超えて飲まないというのも重要です。

ニュース・トピックス

【がんに罹るリスクをチェック!】
日本人の死因で最も多いのが「がん」であることはほとんどの方が認知されていると思いますが、2011年の死亡総数の内、がんで亡くなった人の割合が28.5%ということで、死亡原因の約3割も占めているわけです。これほどまでの割合となると決して他人事ではないと思われます。

がんは早期発見・早期治療が欠かせないと言われますので、定期的な検診を受けることが重要であることは分かっていても、なかなか実践できていない人も多いのではないでしょうか?

下記に紹介するサイトでは、40歳から69歳までの人が対象となっていますが、今後10年の内にがん、および心臓病や脳卒中などの病気に罹るリスクを算出してくれるコンテンツがありますので、チェックされてみてはいかがでしょうか?

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター『がんリスクチェック』