ケールの効能・効果と料理レシピ

ケールに含まれている栄養成分と効能・効果、食材としての料理レシピなど。

ケールの効能としては、葉緑素(クロロフィル)や食物繊維を多く含んでいることから、コレステロールなどの有害な物質を体外に排出したり、血液を浄化するといった働きや、血中コレステロール値の低下および血栓予防、整腸作用・便秘改善などが挙げられます。

また、ケールにはビタミンやミネラルなどの栄養成分も豊富なので、高血圧・糖尿病・動脈硬化・脳卒中・心筋梗塞などといった生活習慣病の予防や改善に効果的であるといわれています。

ケールの栄養成分

ケールの栄養成分ケールに含まれている栄養成分には、先に述べた葉緑素(クロロフィル)や食物繊維の他に、ビタミンA(β-カロテン )やビタミンCなどのビタミン類、カルシウム・リン・鉄分などのミネラルも豊富に含まれています。

ケールに含まれる栄養素には緑黄色野菜の中でも特に含有量が多い成分もあり、β-カロテンはキャベツの約60倍、ビタミンCはトマトの約5倍、カルシウムは牛乳の約2倍、鉄分はニンジンの約4倍といったように豊富に含まれています。

青汁として人気

ケールはヨーロッパ原産のキャベツの原種であり数千年の歴史があるともいわれており、野菜の中では野生種に近い品種であることから生命力がひじょうに強く、含まれる栄養価がとても高いといった特徴があります。ひじょうに豊富な栄養成分を含んでいるケールですが、味に独特のクセがあることも影響し、あまり料理の食材としては利用されることが少なく、青汁として摂取する人が多いようです。

ケールの効能

ケールの効能としては、最初に述べたように血中のコレステロールを低下させる作用や、腸に含まれる有害物質の排泄を促進し、整腸作用があることから便通をよくしたり、インスリンの働きを改善して血糖値を正常に戻すといった働きがあることから、ケールには糖尿病の改善作用といった効能も期待できるとされています。

メラトニンによる効果

ケールには【メラトニン】という成分が多く含まれているのも特徴的で、このメラトニンという成分が私たちの健康にとって優れた効能を及ぼしてくれます。メラトニンは睡眠など体のリズムに関係した物質で、睡眠促進効果があるとされている他、細胞の老化を早める活性酸素を除去する強力な抗酸化物質であるとも言われています。このように睡眠や老化予防といった健康面でひじょうに重要な項目に対して、良い影響を与えてくれるメラトニンがケールには豊富に含まれているのです。

ケールを使った料理レシピ

ケールを使った料理レシピケールというと日本では【青汁】の原材料として有名ですが、ヨーロッパなどではスープやロールキャベツの食材として一般的に食べられているそうです。

ケールはややクセのある味なので食材として料理に使うには敬遠される人もあるかと思いますが、一般的な野菜炒めの食材としてキャベツの代わりにケールを使ってみたり、茹でてから胡麻和えや白あえにしたり、ケールの葉の天ぷらといったように、レシピのバリエーションはイロイロとあります。もちろんサラダとして食べるのがイチバン手間いらずで簡単です。

ニュース・トピックス

【ジェネリック医薬品の普及率】
新薬の特許期間が切れた後に販売ができる後発薬、いわゆる「ジェネリック医薬品」は医療費の抑制に繋がることから、厚生労働省もジェネリック医薬品の普及を促進しているのですが、使用率が高い欧米と比較すると日本ではまだまだ低いようです。

全国健康保険協会(協会けんぽ)が発表した2010年6月時点における数量ベースでのジェネリック医薬品の使用割合は、全国平均で22.3%となっており、都道府県別としては36%の沖縄県が最も使用率が高かったとのこと。

Yahoo!ニュースより参照抜粋