がごめ昆布の効能・効果

がごめ昆布の効能・効果として期待されることの紹介と、豊富に含まれている栄養成分の働きについて。

がごめ昆布の効果・効能として、アルギン酸が多く含まれていることから塩分を効率よく体外に排出するので【血圧を下げる】といったことや、その他にも【血中コレステロール値を下げる】、【血糖値の上昇を抑える】、【便秘の改善・解消】、【動脈硬化の予防】などの効能がおおいに期待できると考えられています。

また、がごめ昆布には【フコイダン】や【ラミナラン】といった、アルギン酸と同じ多糖類も多く含んでいることから、いろいろな生活習慣病の予防に働きかける効果があると期待されており、話題を集めている食品なのです。

がごめ昆布による健康効果

がごめ昆布の健康効果がごめ昆布に豊富に含まれている【アルギン酸】は、昆布・ワカメ・めかぶ・モズクなどといった、海藻類に多く含有されている「粘り・ぬめり成分」で、細胞間の隙間を満たしているネバネバ・ヌルヌルとした特徴を持った天然の多糖類です。

がごめ昆布には、先に述べたアルギン酸の他にも【フコイダン】や【ラミナラン】といった有用性のある成分が豊富に含まれていることから、健康や美容にとってさまざまなな効能が期待できると言われています。

フコイダンの効能

フコイダンという成分には、【免疫機能を高める】【肝臓の機能向上】【胃の粘膜保護・炎症抑制】などの効能があるといわれているのですが、フコイダンという栄養成分が話題になることが多い一番の理由が、ガン細胞を自滅させる【アポトーシス作用】があるといった研究発表がされたことにあるようです。ちなみに、がごめ昆布に含まれているフコイダンの含有量は、その他の一般の昆布と比較して2倍以上はあるそうで、がごめ昆布にはそれぞれ違う働きをする3種類のフコイダンを含有している特殊な構造となっているそうです。

がごめ昆布の美容効果

がごめ昆布に限ったことではありませんが、海藻類はカロリーがとても低いのに、カリウム・ナトリウム・カルシウム・マグネシウムなどといったミネラルや食物繊維など機能性をもった栄養素がバランスよく豊富に含まれている天然の健康食品です。海藻類のなかでも昆布にはヨウ素が多く含まれており、甲状腺ホルモンの成分となるヨウ素が基礎代謝を高めるのでダイエットに役立つのをはじめ、肌や髪などの美しさを保つ働きをするといった美容面での効能があります。

がごめ昆布の特徴

がごめ昆布は肉厚で粘りがひじょうに強いといったことが特徴で、表面に籠の目のような凹凸があることから、「籠目(かごめ)」が訛って「ガゴメ」と呼ばれるようになったといわれています。がごめ昆布の成分には身体に対してさまざまな有効性があることから注目を浴びているので、がごめ昆布の抽出成分を使用したサプリメントなどの健康食品も販売されていますが、本来は【とろろ昆布・おぼろ昆布・松前漬】などの原料として利用されています。

昆布の種類

昆布の種類昆布(こんぶ)と一言でいっても、実はいろいろな種類があり、ここで取り上げたガゴメ昆布の他に、【真昆布(まこんぶ)】【羅臼昆布(らうすこんぶ)】【日高昆布(ひだかこんぶ)】【利尻昆布(りしりこんぶ)】【細目昆布(ほそめこんぶ)】【厚葉昆布(あつばこんぶ)】【長昆布(ながこんぶ)】など、ざっと挙げただけでもこれぐらいの種類があります。

それぞれの昆布は産地に違いがあるのをはじめ、風味や色形に特徴があり、料理の食材として利用される場合にも適した用途に違いがあります。

ニュース・トピックス

【アンチエイジングの大敵物質「AGE」】
近年何かと見たり聞いたりする「アンチエイジング」は加齢に伴う老化を防ぐための対策ですが、健康面や美容面においていつまでも若くありたいと願うことは、誰しも多かれ少なかれ感じているのではないでしょうか。

そのアンチエイジングに関連して「AGE」という体内物質が注目され話題になっており、このAGEが体内で増えることにより老化が進行するということがわかってきたとのこと。

AGEはタンパク質と糖が結合してできる「最終糖化物質」というもので、このAGEが体内組織のあらゆる箇所で蓄積するとさまざまな老化現象の原因になるそうです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋