大豆ペプチドの効能・効果

大豆ペプチドの効能・効果や成分の特徴について。

大豆ペプチドの効能・効果としては、身体の基礎代謝を増加させ、体脂肪の燃焼を促進する作用があることから【ダイエット効果】があると注目を集めて話題にのぼることが多いです。また、【免疫力を向上させる】アルギニンやグルタミンなどといったアミノ酸が含まれているので、ウイルスなど対して抵抗力が強まり風邪などもひきにくくなるといった効能があります。

その他にも、【肝臓の働きを高めて疲れにくい体質になる】といったことや、ストレスホルモンを抑制することから【頭がスッキリして、集中力が高まる】といった効能なども期待できます。

大豆ペプチドの特徴

大豆ペプチドの効能大豆ペプチドとは、大豆たんぱく質を酵素で分解して低分子化(オリゴペプチド)したことで生じるアミノ酸が数個つながった状態の物質です。

たんぱく質とアミノ酸の中間的な性質を持ち、単体のアミノ酸より多彩な栄養素を持ち、たんぱく質やアミノ酸に比べて効率良く体内に吸収できる、すなわち速やかに栄養を補給できるということで、スポーツ界のトップアスリート達などからも注目されています。

大豆ペプチドは消化吸収が優れている

大豆ペプチドはオリゴペプチド(低分子化)にまで分解されているので、消化管での消化吸収がひじょうに優れているといった特徴がある他、大豆たんぱく質のアミノ酸組織を持っているので、体内で合成することができない必須アミノ酸の構成バランスも優れています。こういったことから、大豆ペプチドはいろいろなアミノ酸をバランスよく、かつ短時間に効率よく摂取することのできる成分なのです。

大豆ペプチドのダイエット効果

大豆ペプチドには基礎代謝を促進させる働きがあることから、基礎代謝が上がれば、脂肪が付きにくい身体となり、疲労も回復しやすくなるといった効能が期待できます。また、大豆ペプチドを摂取することで体脂肪の燃焼を促す作用がある事も判明しており、大豆ペプチドの摂取と運動を組み合わせることで、健康的で効率の良いダイエットが可能になるといわれています。

基礎代謝とは?

ちなみに基礎代謝というのは、私たち人間の体温・呼吸・内臓の動きなどといった、生命維持に最低限必要なエネルギー量のことです。

大豆ペプチドで筋肉疲労の回復と能力向上

大豆ペプチドには筋肉の疲労や損傷を効率的に修復し、運動能力の回復を早め、更に向上させる効果があると認められています。肉体疲労を感じるというのは、筋肉にダメージが与えられ疲労物質が作られるために生じるので、その原因に対して効果的に作用する大豆ペプチドを積極的に摂取することで、疲労回復につながったり普段から疲れにくい体質へと改善されるといった効能が期待できるワケです。

大豆ペプチドで脳をリラックス

大豆ペプチドの効果大豆ペプチドには疲労回復の働きがあるのですが、肉体の疲労だけでなくストレスを軽減して、脳の疲労も改善しリラックスさせてくれる効能があるともいわれており、ストレス対策としても注目され研究が進められています。

実際の研究結果で、日中に大豆ペプチドを摂取することによって、脳のストレスを緩和し、仕事や学習による頭脳の疲労を抑制し、ストレスを低減する働きがあるといったことが発表されています。

ニュース・トピックス

【メタボ対策商品が大人気】
2008年4月から始まった特定健診(いわゆるメタボ健診)の影響からか、日頃から肥満気味の人を中心としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が集まっており、メタボ対策商品の市場が急成長している模様。

特に、薬局やドラッグストアなどで買える肥満防止剤、いわゆる「やせ薬」が注目を浴びており、大幅に売上が伸びているとのこと。ちなみに肥満防止剤として特に人気が高いのが、【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】という漢方薬を含んでいる小林製薬の「ナイシトール85」やクラシエ薬品の「コッコアポ」だそうです。

Yahoo!ニュースより