不眠症のチェック診断と解消法

不眠症のチェック診断と対策や解消法について。

不眠症であるかのチェック診断は、簡単な質問に答えていくことである程度の判断をつけることも可能です。

しかしながら人それぞれ症状も異なりますし、不眠を引き起こしている根本的な原因を把握するためには、やはり不眠症の診断・治療を受けられる病院などの医療機関において、専門医の診察を受けることが重要です。専門医の診断を受けることが結果として早期の改善になりえることが多いですし、何より精神的な安心感にも繋がります。

不眠症の診断と検査

不眠症のチェック診断不眠症の診断には、病院などの医療機関においても問診(カウンセリング)がとても重要な判断材料となるようで、具体的にどのような感じで眠れないのか?といったことや、眠れないことにより日常的にどういった症状が生じているのか?といったことを詳細に伝えることが大切となってきます。

不眠症の相談や治療のために病院などの医療機関で診断を受ける際にも、事前に日頃の睡眠時間や就寝前の生活パターンなどを簡単な日記などにしてメモしておくだけでも、医師にも伝わりやすいですし明確な診断につながります。

不眠症の専門的な診断の【ポリグラフ検査】

病院などの医療機関では不眠症の専門的な診断方法として、【ポリグラフ検査】ということを実施することもあります。ポリグラフ検査とは、睡眠中の脳波・筋電図・心電図・眼球運動などを測定する検査で、睡眠の深さ、呼吸数や心拍数の変化などが詳細に把握できます。また、この検査では睡眠時における呼吸の様子やいびきなども把握できるので、睡眠時無呼吸症候群の診断をすることも可能です。

不眠症チェック

不眠症の可能性があるかどうかを診断するために、簡単なチェック項目を掲載しておきます。該当する項目が多いほど不眠症である可能性が高いと思われます。ただし注意点として、一般的に述べられている不眠症の要素を元に作ったチェック項目ですので、あくまでも参考程度に捉えて、本格的な診断は病院などの医療機関を受診してください。

不眠症チェック診断

・就寝時間と起床時間が安定していない
・ふとんに入ってからの寝付きが悪い
・就寝中、何度も目が覚める日が多い
・もっと眠るつもりが早めに目が覚め、それ以上寝むれない
・よく寝たという感覚や熟睡した感じがしない日が多い
・日中に眠気を感じることが多く、やる気が起こりにくい

不眠症の解消法

不眠症の解消法としては、まず何よりも患者さん個人個人の原因を把握して、それに適した治療を行うことが重要です。本格的な不眠症と診断された場合には、睡眠薬を使う治療方法もありますが、もちろん生活改善を行ったり精神療法をメインに実施し睡眠薬は用いない場合もあります。基本的に患者さんの症状などに合わせた改善策が適用されるようです。

不眠症になる原因

不眠症になる原因不眠症になる原因としては、眠るときの環境といった単純なものから、悩みや心配事・ストレスといった精神的な要因の他、病気を起因とするものや生理的なことを原因とするものなど多種多様です。

また、そもそも睡眠というのは自律神経の働きとひじょうに深い関係があるといわれており、自律神経である【交感神経】と【副交感神経】のバランスが崩れることにより、睡眠と覚醒のリズムをコントロールする体内時計が狂い始めて不眠症になることから、夜型の生活習慣をする人が多くなったというのも、不眠症患者さんが増加している原因と考えられています。

ニュース・トピックス

【ニキビ治療の新薬アダパレン】
近年は思春期だけでなく二十歳以降の社会人になってからでもできる「大人ニキビ」に悩まされている人が増えているようですが、2008年に日本で初めて認可された新薬のアダパレンが皮膚科で処方されることで、ニキビ治療の効果的な選択肢が増えるようです。

このアダパレンは一時的に皮膚の乾燥や不快感といった軽度の副作用がみられるケースがあるものの、以前から欧米諸国をはじめ世界中でニキビに対する標準治療薬として使用されており、ひじょうに有効性の高いことで認知されています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋