PET検査の費用料金

PET検査の費用料金、健康保険の保険適用となるケースについて。

PET検査の費用料金というのは、検査内容や処置の種類によって違いがありますし、PET検査を実施するにあたって、各疾患においての適用要件に該当しない人の場合には、健康保険の保険適用外となり自由診療扱いとなるので、検査費用が全額自己負担となります。

また、検診目的でPET検査を受ける場合にも自由診療となりますので、検査費用は全額自己負担となります。

PET検査の保険適用範囲

PET検査の費用料金PET検査の料金は検査方法やオプションでの検査項目の違いなどにより、費用金額が異なってきます。また、もちろん保険適用での保険診療としての費用料金と、検診目的で行う自由診療での費用料金では、当然金額的に大きな差が生じます。

現在、PET検査で保険適用となる疾患は15項目あり、それぞれの疾患において要件範囲を満たす患者さんに対してのみ保険適用での検査となります。なので、PET検査が保険適用となるかどうかは、医療機関での診断に基づいて決定されます。

PET検査の料金

PET検査で保険適用となった場合の費用料金の目安としては、下記の料金ぐらいが一般的な金額のようです。
【健康保健適用1割負担の場合】約10,000円前後
【健康保健適用2割負担の場合】約20,000円前後
【健康保健適用3割負担の場合】約30,000円前後

また、検診目的(健康診断)など自由診療扱いでのPET検査費用の料金相場としては、【およそ10万円前後】といった金額が一般的な費用料金のようです。

PET検査とは

PET検査とはガンの検査方法の一種であることから、一般的に【PETがん検診】として認識されている人が多いようです。PET検査のPETとは、【ポジトロン・エミッション・トモグラフィー(陽電子放射断層撮影)】の略称で、PET検査のこと自体は【ポジトロン断層撮影法】や【ポジトロンCT】とも呼ばれています。実際の検査方法としては、特殊な薬(放射性薬剤)を注射してから一旦安静し、PET装置と呼ばれる機器の台の上に仰向けになり、全身の断面を撮影します。

PET検査の特徴・メリット

PET検査が注目されているのは、従来からあるガン検査と比較して、早期のがん細胞が発見されやすいといったことが挙げられます。しかも良性の腫瘍か悪性の腫瘍なのかの区別や、がんの進行度合いなどもより正確に診断できるといった特徴があり、がんの早期発見に対してひじょうにメリットが多い検査です。

また、PETとCTでの画像を同時に撮影することができる装置を使用した【PET-CT検査】という更に利点が多い検査方法もあります。

PET検査・PET-CT検査の保険適応となる疾患

PET検査・PET-CT検査PET検査およびPET-CT検査の保険適応要件となる疾患には、下記の病気が挙げられます。また保険適応となるのは、それぞれの疾患において一定の条件を満たしている場合に限られます。

【脳腫瘍】【肺がん】【大腸がん】【食道がん】【膵がん】【乳がん】【子宮がん】【卵巣がん】【頭頚部がん】【転移性肝がん】【悪性リンパ腫】【悪性黒色腫】【原発不明癌】【虚血性心疾患】【てんかん】

ニュース・トピックス

【がんペプチドワクチン療法】
ガンに対して行われている標準的な治療としては、外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(抗がん剤)が「3大治療法」として認知されていますが、近年ガンに対する新たな治療法として免疫細胞療法の「がんワクチン療法」が第4の治療法として期待が集まるとともに何かと注目されています。

がんワクチン療法とは簡単に説明すると、ある特定のワクチンを投与することにより、ガン患者さんの免疫力を高めてガン細胞を退治する治療法なのですが、ガン細胞が持つ特有のペプチドをワクチンとして使用することから「がんペプチドワクチン療法」と呼ばれています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋