巻き爪の治し方【矯正治療法】

巻き爪の治し方として病院やクリニックなどで実施されている【矯正治療法】の種類や【手術療法】について。

巻き爪の治し方としては症状の程度によって異なってきますが、ワイヤーやプレートなどといった矯正器具を使用した【矯正治療法】や、根治を目的とした手術を行なう【根治手術療法】が一般的に実施されており、それぞれ幾つかのさまざまな治療法があり長所・短所も含めた特徴があります。

いずれにせよ巻き爪の症状が軽い程、治し方としては簡潔なものとなりますし、回復するのも短期間で済むますので、巻き爪の状態に気付いた段階で早急に治療をすることをお勧めします。

巻き爪の矯正治療法

巻き爪の矯正治療法巻き爪の治し方の中で矯正器具を用いて行われる矯正治療法には、主に【ワイヤー矯正治療】という治療法と、【プレート矯正治療】という方法が病院やクリニックで実施されています。

ワイヤーを使用した矯正治療にも具体的には幾つかの治療方法があり、症状の程度によって施術の際に麻酔を行うものから麻酔の必要性がなく短時間で済む矯正治療法もあり、それぞれの方法にメリット・デメリットがあります。

巻き爪の治療は何科の病院に行けば良いか?

巻き爪の治療は何科の病院に行けば良いのか判断しかねる方も居られると思いますが、一般的に皮膚科・形成外科・整形外科・外科などで診療を行っているようです。症状の程度の違いや、治療方針として矯正治療を望んでいるのか、根治手術を選ぶのかによって、また個々の病院によって診療科も異なってきますので、事前に問い合わせてみるのが最善だと思われます。

ワイヤー矯正治療とプレート矯正治療

巻き爪の矯正器具を使用した矯正治療法としては【ワイヤー矯正】と【プレート矯正】が代表的な治療法となっています。ワイヤー矯正治療では爪の先端に穴をあけて形状記憶弾性ワイヤーを装着し、1カ月から2カ月の周期ごとに取り替えて矯正をします。ワイヤーは爪の先端の白くなった部分に装着するので爪が伸びていないと施術できません。プレート矯正治療では特殊なプラスチック素材でできた板状のプレートや、形状記憶合金のプレートを医療用の接着剤で爪に貼り付け、毎日数回ドライヤーで温めることで矯正をします。プレートの素材によって特徴に違いがありますが、基本的にプレート療法はワイヤー療法よりも矯正力が弱いです。

巻き爪のVHO矯正治療

巻き爪のワイヤー矯正治療の中で、最近注目を浴びているのが【VHO】と呼ばれる治療法です。VHOによる矯正治療の特徴は、【麻酔の必要がない・出血しない・痛くない】といったことが挙げられ、実際に施術する際に患者さん側からしてみれば、精神的な不安感が少なくて済むといったメリットがありますし、施術当日から入浴することも可能で、一般的な日常生活においては殆ど支障をきたすことがないといった長所があります。ただ、VHOによる巻き爪矯正治療を行っている病院やクリニックはまだ多くないことと、保険適用とはならないため自由診療扱いとなります。

巻き爪と陥入爪の違い

巻き爪と陥入爪巻き爪というのは爪が横方向に巻いている状態のことを指し【弯曲爪(わんきょくそう)】とも呼ばれます。

一方、【陥入爪(かんにゅうそう)】というのは、爪の側縁が皮膚に食い込んでしまうことで炎症を起こした状態で、陥入爪である人の場合には巻き爪になっているケースが多く、併発している場合には治療も困難になる場合が多いです。巻き爪と陥入爪ともに症状の現れる頻度としては、足の第一趾(親指)に多く見られます。

ニュース・トピックス

【健康であるには7〜8時間の睡眠がベスト】
睡眠時間が多過ぎたり少な過ぎたりすると、死亡リスクが上昇することが、イギリスの研究で明らかになっているとのこと。

33〜55歳の約8,000人を対象に長年追跡調査をしていた結果を検討すると、毎晩7〜8時間の睡眠を確保することが健康にとって最適ということになると研究チームが見解を述べている。

Yahoo!ニュースより参照抜粋