角栓除去で毛穴対策

不必要な角栓除去するコマメなケアが毛穴対策につながるということについてと、肌トラブルの解消法など。

角栓除去をすることで、毛穴の黒ずみや毛穴の開き、ニキビといった肌トラブルの解消へと繋がります。そもそも角栓とは皮脂腺から分泌される皮脂が過剰に排出されることで肌にある毛穴を詰まらせてしまい、何かと肌の悩みを引き起こすといった、美肌を目指す人にとっては厄介な物質です。

角栓はまさに毛穴に栓をしてしまうことが原因となり、毛穴に皮脂や汚れ、細菌などを詰まらせるので、毛穴対策を考える上で角栓をスッキリ除去してあげることが重要となってきます。

小鼻の角栓除去

小鼻の角栓除去角栓は皮脂の分泌量の多い箇所に発生しやすく、特に小鼻など鼻の周囲で目立ちます。洗顔した後や化粧をする際などに鏡を覗き込んだ際、鼻の角栓はよく目につくので、指の爪などで押し出して角栓を取るといった方も多いようですが、これは最悪な角栓ケアと言えます。無理な刺激を与えたり、細菌などが付着した指先でいじくりまわすことで、鼻の周辺が炎症を起こして赤くなるケースが多々あります。症状がひどい場合には皮膚科で診てもらいましょう。

角栓を除去する方法として、爪で押し出す取り方はダメといいましたが、爪などで強引にとる以外にも、ピンセットを使用して押し出すといったことをされる人もあるようですが、この場合も肌に強い刺激を与えることに変わりはないので厳禁です。また角栓を除去する吸引グッズもあり、それらの全てが問題とは言えませんが、先に述べた方法と同じように過剰な刺激を与えるようなものはやめておいた方が無難です。角栓を除去できたとしてもその後、毛穴が拡がってしまい陥没したようにポッカリと穴が開いた状態になって、後悔してしまうケースもよくあります。

角栓を除去する毛穴パック

角栓除去を目的とした【毛穴パック】がいろんな化粧品メーカーから種類も豊富に販売されており、確かにそのような角栓取りのパックを使用すると、角栓がキレイに取れてスッキリした感じになります。ただし、製品によって違いがあると思いますが、基本的に角栓を強力に除去するような毛穴パックというのものは、肌への刺激になることが考えられますので、使用頻度にもよると思いますが過剰な負担を与える種類のパックはあまりオススメできるとは言い切れません。

オイルクレンジングで角栓ケア

毛穴のお掃除をして角栓除去もしてくれるオイルクレンジングが、お手入れも簡単ということで人気があり、実践されている女性も増えてきています。オイルクレンジングを使用する場合、オイルが白く乳化するまで優しく丁寧にマッサージしてから洗い流すのがコツで、正しい洗顔方法同様に、汚れを無理矢理落そうとしてゴシゴシこすらないようにすることがポイントです。汚れが気になる小鼻の周りなどを重点的にゆっくり丁寧にマッサージするようにしましょう。

角栓ケアには正しい洗顔方法を

角栓ケアには洗顔をきちんとするのが基本であり、日頃のスキンケアを丁寧にしてあげることで、角栓の元となる皮脂や老廃物の溜まり過ぎを防止することが可能となります。簡単にできる具体的な角栓ケアとしては、洗顔をする前に蒸しタオルを使用して毛穴を開かせた状態にしておくと、古くなった角質や毛穴の中の汚れも取れやすくなります。

正しい洗顔方法

洗顔料をメレンゲ状になるぐらいまでしっかり泡立て、その泡で肌の表面を転がすようにして優しく洗うのがポイントで、ゴシゴシ洗いは厳禁です。すすぎも充分に行い、洗顔料が肌に残らないようにし、注意しましょう。また、洗顔後に顔の水分をとる際にも、肌をこするようにして拭かず、肌にタオルを押し当てるようにして過剰な刺激を与えないように心掛けましょう。

美肌対策は日頃のスキンケアから

角栓ケア角栓ケアのグッズの広告などで、使用後に除去した角栓の画像写真などが掲載されいることがよくあります。また、エステや専門の美容クリニックなどを利用すると確かに効果が高いのですが、いかんせん費用もそれなりに掛かります。

美肌は女性にとって誰しも憧れるものですので利用価値も高いですが、日頃からのスキンケアを怠らずにコマメにお手入れしてあげることが何よりの美肌ケアとも言えます。

ニュース・トピックス

【メタボ対策商品が大人気】
2008年4月から始まった特定健診(いわゆるメタボ健診)の影響からか、日頃から肥満気味の人を中心としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が集まっており、メタボ対策商品の市場が急成長している模様。

特に、薬局やドラッグストアなどで買える肥満防止剤、いわゆる「やせ薬」が注目を浴びており、大幅に売上が伸びているとのこと。ちなみに肥満防止剤として特に人気が高いのが、【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】という漢方薬を含んでいる小林製薬の「ナイシトール85」やクラシエ薬品の「コッコアポ」だそうです。

Yahoo!ニュースより