子供の口臭予防

子供の口臭予防の方法と、改善策や口臭チェックの方法について。

子供の口臭が気になるといったお母さんが増えているそうですが、子供の口臭だからといって何か特別な原因や対策があるワケではなく、基本的に大人の口臭の場合と同じような予防・改善策を実施することで解消されるケースが多いです。

学校などで「いじめ」に発展しないか?心配される親御さんも居られると思いますが、多くの場合は誰にでも見受けられる【生理的な要因】で発しているニオイなので、あまり神経質にならずともきちんと口臭対策を実施すれば解決するとおもわれます。

子供の口臭の原因

子供の口臭の原因子供の口臭の原因としては、大人の場合と同様に【病気を原因とするもの】と【生理的な要因のもの】が考えられますが、子供の場合には生理的な要因のものが多いですし、病気を原因とするものでも、胃腸が悪いなど内臓疾患の影響で生じることは稀で、ほとんどが虫歯など口腔内での病気を原因として発せられる口臭だと思われます。

病気を原因とする場合であれば、その病気を治療してきちんと治すことにより口臭も解消されることがほとんどです。

生理的な口臭

子供の場合でも生理的な要因で口臭が臭う場合、その原因としては口の中に細菌が増殖していることが最も大きな要因として考えられます。細菌の中でも嫌気性細菌が口臭の元になるガスを作り出すと言われており、唾液の分泌量が減少したりして口の中が乾燥しだすと細菌が増殖しやすい状態となります。口の中が乾燥して生理的な口臭が発生しやすいのは、主に【起床時】や【空腹時】の他【緊張している時】などが挙げられます。また、子供にありがちな【口呼吸】が癖になっている場合にも口腔内が乾燥しやすくなります。

口臭外来をしている病院

生理的な要因のもので生じる口臭の場合、一般的な歯科医院などの病院で診療を受けてみても、原因として考えられる病気は見当たらないので大丈夫と診断されることがほとんどで、歯磨きを丁寧にすることと、口の中を乾燥させないように心掛けてくださいと指導されるケースが多いようです。最近は【口臭外来】といった診療をしている歯科医院も増えてきていますので、病院を探す際には口臭外来をしているかを事前に問い合わせてみると良いと思います。

口臭チェック

口臭外来を専門に行っている歯科医院などでは、特別な装置を使用して口臭の有無の判定と、原因となっている成分などを科学的に分析、測定して診断している病院もあります。また、日常における口臭チェックをしたい場合、息を吹きかけるだけで自分の口臭レベルを簡易的に測定できるといった【口臭チェッカー】が数千円ぐらいで市販されていますので、子供さんの口臭チェックに利用してみてはいかがでしょうか。

子供の口臭予防対策

口臭対策の実践方法子供の生理的な口臭予防対策としては、【朝起きた時と寝る前の歯磨きを習慣づける】、【食事後は水を飲む】、【空腹時や緊張時は水を飲む】などが基本となり、歯と歯の間に食べカスを残さないよう清潔に保ち、舌や頬の内側もきれいにしておくようにも心掛けましょう。

また、【口呼吸】が癖になっている場合は口腔内が乾燥する大きな原因となり口臭を発生しやすくなるので、【鼻呼吸】を意識してするように指導してあげてください。

ニュース・トピックス

【メタボ対策商品が大人気】
2008年4月から始まった特定健診(いわゆるメタボ健診)の影響からか、日頃から肥満気味の人を中心としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が集まっており、メタボ対策商品の市場が急成長している模様。

特に、薬局やドラッグストアなどで買える肥満防止剤、いわゆる「やせ薬」が注目を浴びており、大幅に売上が伸びているとのこと。ちなみに肥満防止剤として特に人気が高いのが、【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】という漢方薬を含んでいる小林製薬の「ナイシトール85」やクラシエ薬品の「コッコアポ」だそうです。

Yahoo!ニュースより