βカロテンの効能

βカロテン(ベータカロテン)の効能や多く含まれる食べ物などについて。

βカロテンの効能としては、強い抗酸化作用を持っているので身体全般の老化防止や、肌・髪・爪を健康に保つといった効果があるといわれています。

基本的にβカロテンは体内に摂取されると、ビタミンAが不足した場合に必要な量だけビタミンAに変換されることから【プロビタミンA】とも呼ばれており、ビタミンAとしての効能が発揮されます。またビタミンAに変わらず残ったβカロテン自体も、皮膚や内臓などの膜組織の健康を維持するために利用されるといわれています。

βカロテンは体内でビタミンAに変換

βカロテンの効能βカロテン(ベータカロテン)は体内でビタミンAに変換されるので、基本的にビタミンAとしての効能が期待できます。

ビタミンAの効能には、皮膚の粘膜を形成するのを助けて肌の角質化を防ぐ作用があるので、肌荒れ、乾燥肌を防止してキメの細かいお肌を作るのに役立ってくれます。また、美肌に欠かせないシミ・シワの予防やニキビ対策などにも効果が期待されています。

βカロテンがシミの原因を防止

シミやソバカスの原因となるメラニン色素は、紫外線によって発生した活性酸素によって生成が促進されます。βカロテンは紫外線によって発生した活性酸素を抗酸化作用によって無害化して、シミやソバカスの原因となるメラニン色素の発生を抑制する効能があります。

βカロテンの動脈硬化予防効果

βカロテンには抗酸化作用があることから、血液中の悪玉といわれるLDLコレステロールが血管内で溜まって酸化するのを防止する働きもあり、動脈硬化の予防にも繋がるといった効能が期待できます。また、ビタミンAは視覚の暗順応にも関係しているので、ビタミンAが不足すると明るい場所から暗いところに移動した際、目が慣れるまで時間が掛かったり、物が見えにくくなる症状である【夜盲症】を引き起こし易くなるとされています。

βカロテン(ベータカロテン)を多く含む食べ物

βカロテン(ベータカロテン)を多く含む食べ物や食材としては、ニンジン・赤じそ・パセリ・ケール・ほうれん草・かぼちゃ・春菊・小松菜・せり・大根の葉・にら・パセリ・モロヘイヤなどといった緑黄色野菜などが挙げられます。

効率良くβカロテンを摂取する方法

効率良く上手にβカロテンを摂取する方法として、ニンジンの場合を例に挙げると、生のニンジンを食べるより、茹でたニンジンから摂取した方が、体内でのβカロテンの吸収率が高かったという実験結果があります。

ビタミンA(レチノール)の過剰摂取による副作用

βカロテンとビタミンAビタミンA(レチノール)の過剰摂取は副作用の可能性があるとされており、特に妊婦の場合、胎児に悪影響を及ぼす恐れがあるので継続しての過剰摂取は控えなければなりません。

しかしβカロテンの場合、体内でビタミンA(レチノール)に変換されますが、必要に応じてのみ転換されるので、過剰摂取の問題を心配する必要がありません。

ニュース・トピックス

【日本人好みのQ&Aサイト】
知りたい事や悩み事の相談などを質問して、それに対してアドバイスや回答を貰える「Yahoo!知恵袋」や「教えて!goo」といった、いわゆるQ&Aサイトの利用率が増加傾向にあるとのこと。

このような知識・情報共有サービス分野について日本とアメリカでの利用率の比較をすると、1人あたりの平均利用頻度や平均利用時間で、アメリカを上回っている結果になっている模様。

Yahoo!ニュースより参照抜粋