AGAの費用料金(治療費)

AGAの治療費として掛かる費用料金と治療薬プロペシアの効果などについて。

AGAの治療費として必要となる費用料金には、カウンセリングや服薬指導も含めた診察料に加えて、治療薬として処方される経口薬【プロペシア(フィナステリド)】や、外用薬【ロゲイン(ミノキシジル)】などの費用が加算されます。

具体的には患者さんの薄毛の進行状況など症状によって、治療期間も異なってきますし、それに伴い使用する治療薬の分量も変わってくるので、AGAの費用料金の総額というのは、治療を受ける患者さんにより違ってきます。

AGAの治療費は保険適用外

AGAの費用料金AGA(エージーエー)は【男性型脱毛症】と呼ばれる、成人男性にみられる髪が薄くなる状態のことです。

先に述べたように、AGA(男性型脱毛症)は治療薬として処方されるプロペシアをはじめ、治療に際して全て費用が保険適用外となる自由診療扱いなので、病院やクリニックによって治療費に違いが生じてきますし、治療内容や治療期間によっても結構な金額差が出てきます。

AGA治療の1ヶ月あたりの費用料金の目安

プロペシアの薬代と診察料込みの治療費としては、1ヶ月あたり約10,000円から15,000円前後といった金額が一般的なようです。

AGA治療薬プロペシアの費用

AGAの経口治療薬として国内で唯一、厚生労働省から承認されているプロペシア(一般名はフィナステリド)は、1日1錠服用することが基本となっており、1錠あたりの費用料金は約250円といわれています。

プロペシアの費用に診察料金や血液検査の料金なども加算

先に述べた金額で1ヶ月分を単純計算すると、プロペシアのみで月に約7,500円が治療費として必要ということになりますが、自由診療ということで実際には医療機関によって金額差があり、通常もう少し高い金額であることが多いです。この費用に診察料金や血液検査の料金なども加算されます。

AGAチェック

AGAチェックAGA(エージーエー)の治療を開始する前に、「自分の薄毛が男性型脱毛症によるものなのか?」、「自分にプロペシアは効くのか?」といった遺伝的判定を検査できる【AGAチェック】というものがあります。

AGAチェックは専門の医療機関で受けることが可能で、具体的には医師による診察と、毛根のついた毛髪を5〜10本程度採取し、約1ヶ月後に再度来院して分析結果を確認します。AGAチェックの検査料金は21,000円ということで、保健診療の適用ではないため全額自己負担となります。

ニュース・トピックス

【定年後も働く予定の人は8割強】
ある調査・統計会社が行った「団塊世代の定年に関する調査」によると、定年後も働く予定の人は80%を超えるとのこと。

定年後、「働きたい」人は約6割近くあり、「働きたくないが、働く予定」と考えている人も3割近く居られるそうで、働く理由としては、「経済的な理由から、働く必要があるため」と答えている人がおよそ7割で最も多く、次いで「健康のため」としている人が5割近くいる模様。

Yahoo!ニュースより参照抜粋