尿もれの原因と対策

尿もれの原因と改善・解消をはかる為の対策について。

尿もれの原因としては、女性と男性によって主となる要因が異なる場合が多いですし、個人個人によっても原因が違ってきますので、適切な対策や治療を実施するためには、やはり泌尿器科や婦人科などの病院で診断を受けてみるのが最善策であると思われます。

尿もれというと、どうしても医療機関での受診に抵抗感を覚える方も居られるかもしれませんが、日常生活で支障をきたしている場合や、何より症状の改善・解消を考えている場合であれば、一度相談も兼ねて診断してもらうことが良いと思います。

女性に多い尿もれの原因

尿もれの原因女性に多くみられる尿もれ(尿失禁)の原因としては、【腹圧性尿失禁】と【切迫性尿失禁】があり、また、この2つの要因が組み合わさった【混合性尿失禁】というタイプもあります。

これらの他にも、尿の排出障害を原因として、膀胱の中に尿が充満してしまい、少しずつ漏れてしまうといった症状である【溢流性尿失禁】といったタイプの患者さんもいます。

40歳以上の女性の約半数の人が尿漏れを経験

健康な女性の3人から4人に1人、また40歳以上の女性では約半数の人が尿漏れを経験しているといった統計もあるように、尿もれは特に中高年以降の女性の人にとっては、他人事とは言い切れないほどの割合で悩まされている病気の一つのようです。もちろん女性のみならず男性であっても高齢になればなるほど発症頻度が高くなるようで、頻尿と同じく悩みの多い症状であります。

腹圧性尿失禁

【腹圧性尿失禁】は、咳やくしゃみなどの他、走るなど何らかの動作をした際に、お腹に力が掛かった拍子に少しずつ尿が漏れてしまうといった症状です。

腹圧性尿失禁の原因

女性にみられる尿もれの中でも腹圧性尿失禁タイプで悩まれている女性がひじょうに多いといわれており、妊娠出産による影響や更年期のホルモン低下によって、骨盤底の筋肉が緩んでしまうことが主な原因と考えられています。

切迫性尿失禁

【切迫性尿失禁】は、尿意を感じてから我慢することができず、トイレに行くまでに尿が漏れてしまうといった症状の尿失禁です。もらしてしまうタイプの尿失禁。

切迫性尿失禁の原因

切迫性尿失禁にはさまざまな原因があり、膀胱炎や尿管結石、脳循環障害などによって膀胱が過敏になっていることが主に考えられていますが、その他にも要因はあるようです。切迫性尿失禁である場合、原因に即した治療を行うのが基本となりますが、一般的に膀胱の緊張を緩和する薬での治療が行われることが多いです。

尿もれの対策・治療

尿もれの対策・治療尿もれを予防するための対策や治療といったものは、個人個人の原因に沿った適切な方法でないと効果的でないので、やはり専門の病院などで診断を受けるのが必要となってきます。

尿もれのタイプとしてひじょうに多い【腹圧性尿失禁】を例として挙げると、基本となる治療方法は骨盤底筋の強化がメインとなり、軽症の方の場合であれば骨盤底筋を鍛える体操トレーニングを実践することで症状が改善されるケースも多いようです。重症の方でも、必要に応じて薬物療法などを実施したり、簡単な手術によって治る場合が増えてきているそうです。

ニュース・トピックス

【がんに罹るリスクをチェック!】
日本人の死因で最も多いのが「がん」であることはほとんどの方が認知されていると思いますが、2011年の死亡総数の内、がんで亡くなった人の割合が28.5%ということで、死亡原因の約3割も占めているわけです。これほどまでの割合となると決して他人事ではないと思われます。

がんは早期発見・早期治療が欠かせないと言われますので、定期的な検診を受けることが重要であることは分かっていても、なかなか実践できていない人も多いのではないでしょうか?

下記に紹介するサイトでは、40歳から69歳までの人が対象となっていますが、今後10年の内にがん、および心臓病や脳卒中などの病気に罹るリスクを算出してくれるコンテンツがありますので、チェックされてみてはいかがでしょうか?

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター『がんリスクチェック』