顔ダニ(ニキビダニ)による症状と対策

顔ダニ(ニキビダニ)による症状と対策について。

顔ダニ(ニキビダニ)の影響によって引き起こされる肌トラブルなどの症状としては、顔ダニの異常繁殖によって皮脂腺部分で炎症を起こしたりした場合に、ニキビや湿疹が生じたりします。

しかし、一般的には健康面において害になるようなことはほとんどなく、通常通り洗顔石鹸などで顔を洗って清潔にしておけば、これといった特別な対策を講じる必要もなく、過剰に心配し過ぎることはありません。

顔ダニの正体

顔ダニ(ニキビダニ)顔ダニは一般的にニキビダニと呼ばれているダニの一種で、ほとんどの人の毛穴に寄生して棲みついています。

顔ダニは皮膚のどの部分にでも生息している可能性がありますが、毛穴の皮脂腺から分泌される皮脂などを主な餌としているので、皮脂分泌の比較的多い箇所に多く存在します。ダニというと何か悪影響を与えそうな悪いイメージを抱いてしまうのですが、この顔ダニ(ニキビダニ)は、通常の場合であれば害を与えるといったこともなく、必要以上に気にすることもありません。

顔ダニ(ニキビダニ)が過剰に増殖した場合

顔ダニ(ニキビダニ)は分泌される皮脂を栄養にして生息しているので、ある意味において皮脂の量をコントロールしてくれているともいえるわけです。ただし、何らかの原因で顔ダニ(ニキビダニ)が過剰に増殖し過ぎてしまった際に、皮脂腺部分の炎症や、ニキビ・湿疹といった皮膚病を起こしやすくなってしまうことがあります。また、頭皮部分で異常に繁殖した場合には、抜け毛の原因にもなりえます。

顔ダニ(ニキビダニ)対策

顔ダニ(ニキビダニ)の対策といっても、基本的に私たち人間にとって深刻な害を及ぼすことはないことから、それほど神経質に考える必要はないらしく、一般的な石鹸での洗顔をきちんと行っていて清潔にさえしていれば、それだけで対策となるそうで、特別な薬や洗顔料などで予防するほどのことではないです。

根本的に清潔を心掛けること

ただし、皮脂量が過剰に増える食事や生活習慣などは控えるようにした方が、顔ダニうんぬん以前に美容面・健康面でも良いですし、根本的に清潔を心掛けることも大切です。

顔ダニ(ニキビダニ)と大人ニキビ

顔ダニと大人ニキビ最近は思春期を超えて成人になってからも生じる大人ニキビ(アダルトニキビ)で悩まされている人が増えており、大人ニキビの主な原因は過剰なストレスやホルモンバランスの乱れといわれています。また、大人ニキビがなかなか改善されない一部の要因として、顔ダニの増殖も関連しているのではないかといったことが述べられていることもあります。

顔ダニ(ニキビダニ)は基本的には無害なのですが、異常に繁殖し過ぎてしまった場合に、顔ダニの排泄物や死骸などで毛穴周辺に炎症を引き起こすことがあるので、このように考えられているのだと思います。

ニュース・トピックス

【がんペプチドワクチン療法】
ガンに対して行われている標準的な治療としては、外科療法(手術)、放射線療法、化学療法(抗がん剤)が「3大治療法」として認知されていますが、近年ガンに対する新たな治療法として免疫細胞療法の「がんワクチン療法」が第4の治療法として期待が集まるとともに何かと注目されています。

がんワクチン療法とは簡単に説明すると、ある特定のワクチンを投与することにより、ガン患者さんの免疫力を高めてガン細胞を退治する治療法なのですが、ガン細胞が持つ特有のペプチドをワクチンとして使用することから「がんペプチドワクチン療法」と呼ばれています。

Yahoo!ニュースより参照抜粋