ほうれい線の予防・改善・解消対策

ほうれい線の予防・改善・解消対策についての紹介。

ほうれい線の予防として、マッサージや顔の筋肉を意識して動かすストレッチ体操などがあります。

ほうれい線が目立ってくる原因は幾つもあるので、もちろん他にも対策方法が必要になってきますが、顔のマッサージやストレッチ体操を習慣的に実施することで予防のみならず、ほうれい線の改善や解消にも効果を生んでくれることを期待できます。少しでも早い段階からお手入れや対策を実施することで、効果も実感しやすくなることと思います。

ほうれい線ができる原因

ほうれい線の予防・改善ほうれい線とは、小鼻の横(両脇部分)から口元に掛けて八の字状に伸びているシワのことで、一般的に加齢に伴いシワも徐々に深くなりだし、見た目にもクッキリと刻まれていきます。

ほうれい線ができる原因としては【肌のたるみ】などが挙げられますが、根本的な原因としては加齢による【老化】ということになるようです。その老化に影響を与えているのが【紫外線】【肌の乾燥】【生活習慣】【ストレス】といった要因が考えられます。

肌のたるみ

ほうれい線が目立ってくる原因として【肌のたるみ】が挙げられるのですが、これは重力による影響と、加齢に伴い筋肉(顔の表情筋)の緩みが引き起こり、頬周辺の皮下脂肪を若い時と同じような位置で支えきれなくなりだして肌のたるみが生じ、その結果としてほうれい線が深く刻まれるようになります。

表情筋を鍛えて、ほうれい線を予防・改善

ほうれい線が深くなるのを予防したり、目立たなくするための改善策としては、頬周辺のたるみを予防・解消することが必須要因となります。たるみを防ぐには顔の表情筋を鍛えることが重要なポイントであり、そのためには表情筋を意識して動かすストレッチ体操が効果的であるといえます。毎日短時間でもいいので、習慣的に実践することが何よりも好結果に繋がります。

ほうれい線対策の顔ストレッチ体操

ほうれい線は口角を引き上げる【口角挙筋(こうかくきょきん)】と呼ばれる筋肉の収縮が弱くなってくることで発生します。なので、口角挙筋を意識して鍛えてあげることで、ほうれい線の目立ちを予防したり改善することが可能と考えられます

口角挙筋を鍛えるストレッチ

・最初に歯を巻き込むような感じで唇を閉じ、口角を外側に引く
・次に歯は巻き込んだまま、唇の噛み合わせを少し緩めます
・次に口をOの形にすぼめて、その形のまま5秒間維持する
・自然な表情に戻す
この流れを1セットとして何回か繰り返します。

ほうれい線対策のスキンケア

ほうれい線対策ほうれい線の原因として紫外線や乾燥なども影響を与えますので、予防・改善対策としてスキンケアも大切な要素となってきます。

ほうれい線もシワの一種ですから【肌への保湿】を心掛けることが重要なポイントで、保湿効果が高いとされるセラミドやヒアルロン酸などの美容成分を含んだ化粧水や美容液で、コマメなお手入れをしてあげたり、コラーゲンなどを含んだ食べ物や食材を食事から摂るといったことも効果的であるとされています。

ニュース・トピックス

【メタボ対策商品が大人気】
2008年4月から始まった特定健診(いわゆるメタボ健診)の影響からか、日頃から肥満気味の人を中心としてメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)に関心が集まっており、メタボ対策商品の市場が急成長している模様。

特に、薬局やドラッグストアなどで買える肥満防止剤、いわゆる「やせ薬」が注目を浴びており、大幅に売上が伸びているとのこと。ちなみに肥満防止剤として特に人気が高いのが、【防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)】という漢方薬を含んでいる小林製薬の「ナイシトール85」やクラシエ薬品の「コッコアポ」だそうです。

Yahoo!ニュースより