ニキビ痕を消す【色素沈着・凹の治療法】

ニキビ痕として目立つ色素沈着や凹を消す治療法について。

ニキビ痕を消す解消法としては、赤みなどの色素沈着の具合や患部の凸凹(クレーター)状態の程度により適切な治療法も異なってきますし、症状の個人差にもよりますがどういった状態まで治すことができるといったことが違ってきます。

ニキビ痕を治す具体的な方法としては、自宅で実践可能なケア方法から、レーザー治療・ケミカルピーリングなどといった治療を専門に行うクリニックや、皮膚科や整形外科などの病院で本格的に治すといったことが挙げられます。

ニキビ痕の色素沈着を消す

ニキビ痕を消すニキビ痕として頻繁に見受けられるのが赤みが残っていたり、それが結果的に【色素沈着】となってしまった状態のものですが、ひじょうに軽症のものであれば適切なスキンケアを実践していれば、皮膚のターンオーバーによってしだいに薄れていき解消されていくケースも多々あります。

また最近では、角質を除去する効果の高いフルーツ酸を配合した【AHAソープ】などの洗顔石けんで、ニキビ痕が改善したといった口コミ感想が話題になって、通販などで人気になっています。

皮膚科で診断してもらい相談を

ニキビ痕の赤みや色素沈着であれば、凸凹(クレーター)状態となっているニキビ痕に比べれば、比較的改善の見込みもかなり期待できる症状といえそうです。もちろん症状の程度や体質なども含めた個人差によって、どの程度回復するかといったことも異なりますし、場合によっては刺激などを与え過ぎて悪化してしまうケースもあるので、自宅でケアをする場合でも、まずは皮膚科で診断してもらい相談してみることが最善策と思われます。

ニキビ痕の凸凹(クレーター)

ニキビを強引に潰したために肌の表面が凸凹、いわゆるクレーター状態になっているニキビ痕というのは、肌の真皮が傷つけられて肌が陥没しているため、自分でケアして改善・解消するといったことはなかなか困難で、凹みの程度にもよりますが幾らか改善されることはあっても完治する確率は極めて低いと思われます。ニキビ痕の凸凹(クレーター)の改善および、出来るかぎり完治に近い状態を希望する場合には、やはり美容皮膚科や整形外科などの専門クリニックでの治療が唯一の手段であると思われます。

ニキビ痕の治療法

美容皮膚科や整形外科など専門クリニックでの具体的な治療法は、個々の医療機関で異なりますが、一般的に【レーザー照射】【ピーリング】【ヒアルロン酸をはじめ皮膚再生療法に有効な成分の注入】などが挙げられます。治療に掛かる費用料金は、症状の程度およびクリニックによって開きがあるので、まずは事前に確認しておくのが無難です。

美白効果が高い成分ハイドロキノン

ニキビ痕の治療法ニキビ痕の色素沈着にも効果的といわれている成分に【ハイドロキノン】というものがあり、皮膚科や美容外科などでシミ治療のときに処方される薬などに配合されている場合があります。

ハイドロキノンは美白効果が高いことから注目を浴びており、化粧品メーカーなどがハイドロキノンを配合したコスメ商品もいろいろと販売していますが、美白作用が強力なため安全性を考慮し、濃度を抑えた配合量である製品が多いようです。一方、皮膚科や美容外科などでニキビ痕の色素沈着やシミの治療法として使用される場合には、もちろん専門医の指導のもと処方されるので、より効果的でかつ安全であると思われます。

ニュース・トピックス

【がんに罹るリスクをチェック!】
日本人の死因で最も多いのが「がん」であることはほとんどの方が認知されていると思いますが、2011年の死亡総数の内、がんで亡くなった人の割合が28.5%ということで、死亡原因の約3割も占めているわけです。これほどまでの割合となると決して他人事ではないと思われます。

がんは早期発見・早期治療が欠かせないと言われますので、定期的な検診を受けることが重要であることは分かっていても、なかなか実践できていない人も多いのではないでしょうか?

下記に紹介するサイトでは、40歳から69歳までの人が対象となっていますが、今後10年の内にがん、および心臓病や脳卒中などの病気に罹るリスクを算出してくれるコンテンツがありますので、チェックされてみてはいかがでしょうか?

国立がん研究センターがん予防・検診研究センター『がんリスクチェック』