ギャバの効能・効果

ギャバによる様々な効能・効果についてと、発芽玄米をはじめギャバを多く含む食品・食材の紹介など。

ギャバの効能・効果としては、抑制性の神経伝達物質として重要な働きをしていることから脳や神経を落ち着かせる他、血圧を下げる作用があることから【高血圧の予防・改善】や、ギャバを摂取した後に血液中の【中性脂肪が低下する】ことが判明しています。

また、腸内で悪玉菌が増加するのを抑制することから【整腸作用ならびに便秘改善】といった効能が期待できますし、【肝臓や腎臓の機能を高める】などの作用もあるとされています。

ギャバによる効能・効果

ギャバの効能・効果ギャバ(GABA)という栄養素はアミノ酸の一種で、本来私たち人間の脳や脊髄などに多く存在している成分です。脳や脊髄といった器官はさまざまな情報の伝達や思考に関係した部位であり、ギャバはこの脳や脊髄において情報伝達の際に使われる重要な神経伝達物質としての役割りを担っています。

ギャバは安定状態を伝える神経伝達物質であると考えられており、【気持ちを落ち着かせる】【ストレスを抑える】【リラックス効果を与える】といった感情の安定や神経を鎮める効能があるといわれています。

発芽玄米に多く含まれている栄養成分

ギャバ(GABA)という名前で認知されている人が殆どだと思われますが、ギャバの正式な名称というのは【γ-アミノ酪酸(ガンマ-アミノらくさん)】です。ギャバは健康によいと昔から言われている玄米のなかでも、わずかに発芽している【発芽玄米】に多く含まれている栄養成分で、一般的に多く食べられている白米にも含まれてはいるのですが、発芽玄米には白米のおよそ10倍のギャバが含有されています。

ギャバで肥満の予防・解消

ギャバには中性脂肪を減らす働きがあるといわれているのですが、それはギャバを摂取することで、脳下垂体から成長ホルモンの分泌が促進されることとなり、それに伴って脂質代謝が良くなり、結果として脂肪がエネルギーとして消費されやすくなるためと考えられています。これら一連の作用が最近注目を浴びている【メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)】や、さまざまな生活習慣病の危険要因の一つである肥満の予防・解消に役立つと考えられています。

高血圧の予防や改善効果

ギャバの摂取によって血圧上昇を抑える効能があるとされているのは、神経伝達物質であるギャバが血管の働きを調整している自律神経の中枢に働きかけることによる影響や、腎臓の機能を活発にして、腎臓が血液中の塩分を濾過する働きを助けるとともに、利尿効果を促す働きがあるからだと考えられています。このようにギャバを摂ることで、高血圧の予防や改善効果が期待できます。

ギャバを多く含む食品・食材

ギャバを多く含む食品・食材ギャバ(GABA)を多く含む食品としては、既に述べたように何と言っても【発芽玄米】に多く含まれており、同じ穀類である白米や玄米にも含まれていますが、発芽玄米の含有量より少ないです。

その他の食品・食材としては、ぬか漬け・キムチ・納豆などの【発酵食品】や、カカオにもギャバが含まれているので、【チョコレート】や【ココア】を意識して食べることでギャバを摂取することが出来ます。

ニュース・トピックス

【日本人の平均寿命】
世界一の長寿国として知られる日本ですが、厚生労働省が公表した平成21年の日本人の平均寿命は男女ともに4年連続で過去最高を更新し、男性が79.59歳で、女性は86.44歳であった模様。

ちなみに、25年連続で世界一になっている日本人女性は、65歳まで生存する確率が93.6%にものぼり、90歳まで生存する確率でも46.4%となっており、日本人女性のおよそ二人に一人は90歳以上まで生きることができるようです。

Yahoo!ニュースより参照抜粋